特色ある3科の紹介

環境緑地科

科の目標

 地域資源を活用し、農業土木、造園、草花の基礎知識を身に付け、地域に貢献できるようエンジニアや関連産業の従事者として活躍できる人材を育成する。

特色ある授業

<農業土木コース>※2年次よりコース別に分かれます。

 科目 内容 
 測量 土地や構造物の位置・形・面積などを測定する技術について学習を通して学びます。またCADによる図面作成・計算についても学びます。測量士補という公共的な測量に必要な資格に繋がる科目です。
 農業土木設計 土木構造物を設計するために必要な基礎的数学や力学とこれらの構造物の種類やはたらき、設計の手法などを学びます。
 農業土木施工 土木工事に必要な構造物の施工技術や材料について学びます。また2級土木施工管理技術検定(学科)という公共土木工事の工事監督(施工管理)に必要な資格に繋がる科目です。
 水循環 水路や河川、ダムなどの土木構造物に水が及ぼす力学的知識と土の物理的知識、その計算方法や調査・試験方法などについて学びます。
 土木計画 自然環境との調和を図る社会基盤づくりの基本的な考え方を学びます。具体的には国土の開発と保全、治水と利水、都市と交通、土木事業計画と環境アセスメントなどについて学びます。 
 総合実習 農業土木や造園、草花に関する基礎的な実験・実習を通し、知識や技術について学び、2年次より、測量実習・施工実習・材料(コンクリート)実験・水理実験・土質実験について実験・実習を通して学んでいきます。

<みどり環境コース>※2年次よりコース別に分かれます。

科目 内容 
 草花 草花の特徴と役割を理解し、実習や観察、調査などを通して様々な種類の草花の栽培や経営などに必要な知識と技術、花材の特性を活かしたフラワーデザインや植物バイオテクノロジーを利用した育種などを実践する態度と能力を身に付けます。(フラワー装飾技能士の資格取得へとつながる科目です。)
 造園計画 庭園様式や、庭園や公園を計画する際に必要な知識と、製図に必要な技術を座学と演習を通して学びます。
 造園技術 庭園造りや管理に必要な技術(竹垣製作、敷石・縁石敷設、石組、レンガ積み、剪定、刈込等)を座学と実習を通して学びます。(造園技能士の資格取得へとつながる科目です。)
 環境緑化材料 造園で扱う樹木や草花、石材や竹などの材料について、特徴や性質などを座学、実習を通して学びます。
 総合実習 農業土木や造園、草花に関する基礎的な実験・実習を通し、知識や技術について学び、2年次より草花(切り花、鉢もの、花壇苗、洋ラン)や緑化材料(樹木、グランドカバープランツ)の生産や造園技術について、実習を通して学びます。

授業の様子