特色ある3科の紹介

食品加工科

科の目標

 農産物の生産実習を通して、食品原材料の知識を身に付けたうえで、食品製造、食品化学、食品微生物について実習及び実験による学習を行い、将来、食品製造従事者として活躍できる人材を育成する。

特色ある授業

 科目 内容 
 食品製造 パン、菓子、みそ、酸乳飲料(ヨシピス)などの加工食品全般について、実習と座学を通じて製造方法を学びます。
 食品化学 食品の栄養成分について、分析や実験を通じて機能や役割を学びます。また、食品の衛星検査を行い、食の安全・安心について考えます。
 食品流通 生産された生鮮食品、加工食品が消費者へ届くまでのことを、仕組みや経済の視点から学びます。
 微生物利用 パン、みそ、納豆、麹などの発酵食品に関わる微生物について、実験や培養を通じて機能や役割を学びます。
 製菓 お菓子つくりに使用される砂糖やクリームなどの材料について学び、実習と座学を通じて製造方法を学びます。
 フードデザイン 栄養、食品、献立、調理、テーブルコーディネートなどに関する知識や、実験や実習を通して食に関する内容について学んでいきます。

授業の様子